鈴木道彦

『信濃ぶり』(松木可厚編)


鈴木道彦の三回忌追善集。

文政2年(1819年)9月6日、道彦没。

文政4年(1821年)、刊。小河原雨塘序。

可厚は壇田(現:長野市)の人。

文政四年三月於金令舎興行
金令居士

垣根から秋のめぐるや荏(え)の匂ひ

汐の来ぬ間を稲雀なく
   可厚

酒樽も干鰯も送る朝月に
   芳洲

遊びながらの年札に行
   雨塘

山添のつらつら椿咲にけり
   雉啄

春の名残の蚤にさゝるゝ
   乎焉



松やにの田中へ匂ふ四月哉
   可丸

長閑さの浮て見ゆるや角田川
   乎焉

世に住ば春に待れて梅の花
   呂律

初花は夕あしたもなかりけり
   芳洲

霞日や羽折ながらの浜仕事
   護物

ものいへば夫(それ)にもはこぶ霞哉
   碓嶺

草ならでたはむれにくきつゝじ哉
   久臓
    (藏)
春雨の中を通ふや別座敷
   蕉雨

春雨の夜々晴る旅路かな
   鶯笠

氷魚(ひを)取も見へ(え)ず柳の夜となりし
   寥松

滝の音の青葉に遠し中禅寺
   応々
  下サ
あみ交て淋しや寺の青簾
   雨塘
  安房
咲せたし見たし葵は開くれに
   杉長

貰ふよりすぐに着て見る綿子哉
   鹿太

唯居ても咲梅ながら家の春
   川二
  サガミ
二日月三日月だけの梅の花
   雉啄
  ムツ
かれてこそ忘れぐさなりわすれ草
   乙二

青海苔の便りも嬉し小正月
   雨考

黄鳥に声つく意地もなき雀
   多代女

薺撰る宵や御次の丸行灯
   雄淵

枝かへてまだ寝つかぬか月の鳥
   鹿古
  山シロ
風ふくや黄鳥の声はこぼれもの
   雪雄
  カハチ
椎の月扇のつまにかゝりけり
   耒耜

朝水の桶よなじみの郭公
   三津人
  ヲハリ
舟々は大名衆の蚊遣りかな
   岳輅
  ミカハ
そこらから京が見ゆるぞ揚雲雀
   卓池

露に何か咄すよ門のたてわすれ
   秋挙
  カイ
春の日や手を動かして梅を折る
   嵐外
  ハリマ
淋しさは螢どころの夜の雨
   玉屑

往あたるまで匂ひけり垣の梅
   素檗

御降(おさがり)にぬるゝ野もせや草若み
   亀丈

永日やあかぬものには海と山
   武曰

梅ありて月日のたつがおもしろき
   八郎
    (朗)
こほろぎは霜夜の声を自慢かな
   一茶
(※「虫」+「車」)
初夏や水家に開る山の坊
   可厚

   文政四年巳の夏

鈴木道彦に戻る