川村碩布



碩布の句

窓にかげうめ三尺の匂ひかな

菊の香の院にこぼるゝあした哉

月くれて恋をしくちく寒苦鳥


はるさめや家に鼠のふへ安き


面白のはたしの人や春の草


おもしろの人のはだしや春の艸


黄鳥をいくつも見たり東山


子の数に傘かさんはるのあめ


一尺の蔦だにものをよるへかな


うそつきの虚も尽(き)たる時雨哉


水鳥の何をよろこぶあさぼらけ


むさし野のはつれに啼や閑古鳥


杜若山路わづらふひまもなし


浦の梅桜のやうに散にけり


浦の梅桜のやうにさきにけり


盆前に花橘のミなちりぬ


燒野とハたゞ四五日の名なりけり


山かげやふいと千鳥に日のあたる


夜が明て灯燈(ともしび)ふるき柳かな


焼野とはたゝ四五日の名なりけり


大竹もなひくや鳫のわたり初


咲かけて休みもあるか山のうめ


行秋も先久かたの空よりそ


正月を笠に着るらし悪太郎


朝げしき鶯来るに相違なし


川村碩布に戻る