夏目成美



『成美家集』

文化13年(1816年)板。亀田長梓序。諫圃・子強校合。久藏補訂。

 亀田長梓は儒学者亀田綾瀬。亀田鵬斎の子。諫圃は成美息。久藏は井筒屋の番頭。

成美家集上之巻

  

哭素玩子

雪あられふりあるゝにつけても、いかにいかにと思はぬ日なし。さりとも梅さくはるにうつらばなど、はかなきたのみえおかけしに、日こそあれ、元日といふ夜のほどにむかし人の数に見なしぬ。門にたてたる松竹も、いまは恨みのたねとなり、小庭に来なく鶯も、たゞなみだの友となるばかりなり。

なに事もひと夜につきし千代の春

妹が子は薺うつほどなりにけり

老の浪年くはゝれども、丈山翁の心操なし。

春を見に浅草川をわたるなり

われことし三十六、安仁が鬢の髪やゝしろみたり。宗祇法師が髭とはことたがひたれど

香をとめて白髪愛せん窗の梅

   子どもの道中すぐ六といふものうつを見て

東海道のこらず梅になりにけり

   玉屑

はるの草心さぶさを抱きけり

   草 菴

鶯をきくにもさはる葎かな

   かつしかの旧居のなつかしきに

住し藪の鶯かいま声するは

と申いで侍れば、かたへにある人、「春さびしとやしたひ来つらん」。かく附侍し。これら、はいかいの連歌ともいふべきにや。

はる雨や窓はいくらもほしきもの

   墨水晩望

人うつす水のこころもはるなるか

   乙二坊に對す

春風のあとさきもみな咄かな

蝶まふや薪一把も門ふさげ

花のなかすこしちれともおもふなり

   花の句あまたよみける中(うち)

花を折こゝろいく度もかはりけり

   冥々が七十の賀

いつまでもかくてませませはな千句

六になりける娘の、そのかの母と手たづさへて菫ほりつばなぬきてあそぶに、あるやんごとなき方の花見し玉ふとて、上揩スちの立ありきつゝ、「あこよ、名はなにと。としは」ととひたまふに、ふしめになりて、「名は糸とまうす。年はこれ」とて、ゆびひろげたるに、みなあいきやうありとてわらひ給ひぬ。たかき人に名をきこへ(え)あげしを、かれが一世のめいぼくにして、そのみな月なくなり侍しが、ことしかの花の陰もなつかしく、ひとりすみだ川に杖ひきて花見ありくに、さらにこゝろもなぐさまず。 古墳の柳のみ風にうごきて、したふがごとくうらむが如し。

しなばやと桜におもふ時もあり

重箱に鯛おしまげてはな見哉

あるやんごとなき人の、「杖つくやうやしりてある」との玉ふに、「なにともおぼえ侍らず」と答申せしに、「杖をいさゝかもたのむ心なくつくべし」と仰られし。此ことわり何事にもかよひてたふとくおぼえし。われ脚病、脛よわければ、はつ老のけふより杖をもちふるに、かの御ものがたりはおもひ出ながら、かくぞ申侍る。

たのむなり花の跡とふ竹の杖

 浙江

膝をかさね頤(おとがい)をもたせて俳句に交りし事二十余年なりし閑齋が閑も、いまはまことの閑になりて、ながく作意を聞事なし。

はる雨やそこにより居しはしらあり

一瓢上人の新室は俳士ををあそばしめんれうなりと。われまづひと夜ふたよの枕に疊を汚さんとす。

夏ぢかの誰も柱によりやすし

   巣兆が千住の茅舎にひと夜とまりて

ゆくはるやおく街道を窗のまへ

  

四月はじめ、はこねのゆあみに出るとて

う月たつ宿は草木にまかせたり

蝶夢法師の旅寓をたづねし日、月川上人・重厚法師などもろともに、「いざ給へ。すみだ川の若葉のけしき見せ申さん」と、かしこより小舟にのりて

ほとゝぎすひとこゑさそへみやこ鳥

秋田の無事菴、わが草堂にあそぶこと十日あまり。あるあさみづから本鳥おし切てすみだ川の流にながし捨ぬ。その胸中ちりばかりの念慮なきを、みな人うらやむ。従来の無事、またいよいよ無事ならんとたはぶれて

似たものは客にあるじにかんこ鳥

   四月六日草菴の名残

鼠なき葎しげらん今宵より

みじか夜はとてもかくても過ぬべし

   右、移栖辞あり。略之

みじかよや橘にほひ月はさす

きのふ見し旅人もどるさつき雨

つゆの身をもてあつかふや五月雨

さみだれや吾かつしかは蕗の蔭

いつのむかしならん、柴扉に杖をむかへて『鶴柴』の三吟ありしも、たゞめのまへのやうなり。

さみだれて我宿ながらなつかしき

   右、哭士朗

南部の一草、はじめて京へゆく。「しれる人のもとへ状書てそへよ」といふにしたゝめつかはすとて

夜すゞみやかならず袂ひくあらむ

ほそみちの古きひとすぢをたどり、しら川の関こえんとする羅城法師をおくりて

夏草のおくものこさぬ杖ならむ

曲直老人、七十初度の賀にあはせてあらたに家つくられしを

なつ桃に老せぬ門とたづねけり

   題西行

このおくにしる人あれな山清水

成美家集下之巻

  

はつ秋や何の烟も眼にかゝる

つゆの身といふもまことやまくらもと

名月の雲にほゆるや山の犬

   脚病一歩をすゝめず

名月を追ふ(う)てひけひけ庭むしろ

名月やことばつゝしむ夜の人

名月やわするゝころを風のふく

浙江、潮かれ尽てより、春秋行かふこと既に七度、ひさしく波浪の清音をきかず。俗耳を洗ふによしなし。

風悲しわすれぬをわが秋の友

大竹もなびくや厂のわたりそめ

浅草やすゑは稲葉に三日の月

白雄居士が一周忌に、人々あつまりて追善のはいかいしける日、懐旧のこゝろを

后の月かたりあふほどたのみなや

尾花みだれてむなしくまねかず、桐おとろへて葉のおつることはやし。臨海主人には、かの病に物故のよしをきく。時しもあれとおどろかれて

後の月あれよとおもふ人はなし

   右、哭春蟻

秋茄子薬に焼ぞあぢきなき

  

青草の少しもあれは時雨けり

   十 夜

酒売の十声ひと声たのみあり

松竹におもひもいれずみそさゞい

   浙江二七日に

人をとふ我も冬野のきりぎりす

大根ひきて松はひとりになりにけり

 巣兆

三十余年の旧交、たゞ一時のあだことゝなりてながき恨をいだく。書畫の雅名も今朝一片のけぶりとともにあとかたなし。

なにごともひとつ殘らず霜の草

うしろには松の上野を冬ごもり

   ことしは市中に居をうつして

大雪や我を山家に庭の松

   三十九の暮に

さすがまた老といはれむあすの春

はや暮よ三日ばかりは何にせむ

  

秋の空そゞろにはしりて、陽子が俤まのあたりをさらず。あしたのつゆむらむら見えて、陽子があだなるちぎりをおもふ。陽子なくなりて後われ世にいけるかひなし。われさらに陽子をわするゝ事なし。陽子、地下にわれをなにとかおもふ。

ひとゝせはよくもへにける命かな

   翁の像に題す

笠を着て草鞋ながらの仏かな

去来叟百年忌辰

人は土地の清きによりてよく閑に、土地は人の雅なるを得て其名ますます久しきにつたふべし。去来叟が落柿舎における、人と所とふたつながら相得たりといふべし。

それよりして見し人はなし嵯峨の山

夏目成美に戻る