俳 人

岡田魯人

天保11年(1840年)生まれ。近江の人。無名庵庵主十四世。

明治26年(1893年)、芭蕉二百回忌に魯人は芭蕉の句碑を建立。



五月雨に鳰の浮巣を見に行ん

 明治27年(1894年)、大津の義仲寺無名庵庵主十四世となる。

 明治28年(1895年)12月、蝶夢百回忌で義仲寺に蝶夢の句碑を建立。



初雪や日枝より南さり気なし

明治38年(1905年)5月8日、68歳で没。

明治42年(1909年)6月、魯人の句碑を建立。



月の湖鳰は浮きたりしづミたり

大津市の芭蕉道統歴代句碑に魯人の句がある。



窓あけて比良の秋寂見せ申す

俳 人に戻る