与謝蕪村

『落日菴句集』

indexにもどる

   春之部

鴬のあちこちとするや小家がち

春の水山なき国を流れけり

   象頭山

象の眼の笑ひかけたり山桜

行春や撰者をうらむ歌の主

   文台開 前書有

花守の身は弓矢なき案山子哉

菜のはなや月は東に日は西に

   夏之部

牡丹散て打かさなりぬ二三片

   波翻舌本吐紅蓮

閻王の口や牡丹を吐んとす

不二ひとつ埋残してわか葉哉

散て後俤にたつぼたんかな

牡丹切て気のおとろひし夕哉

夕風や水青鷺の(はぎ)を打

郭公待や都の空だのめ

   秋之部

   遊行柳にて

柳散り清水かれ石処々

順礼の眼鼻書き行くふくべ哉

ひたと犬の啼町越へ(え)て踊かな

名月に狗子(ゑのころ)すつる僕(しもべ)かな

負まじき角力(すまひ)を寝物語哉

物焚て花火に遠きかゝり船

鳥羽殿へ五六騎急ぐ野分哉

猿殿の夜寒訪行兎かな

仲麿が魂祭せんけふの月

かなしさや釣の糸ふく秋の風

   祖翁の碑前に詣て

冬ちかし時雨の雲もこゝよりぞ

折くるゝ心こぼさじ梅もどき

木曾路行ていざ年寄ん秋独り

   冬之部

西吹ば東にたまる落葉かな

   金毘羅より高松へおもむく日

火燵出てはや足もとの野河哉

   其角 三十三回忌

すり鉢のみそ見めくりや寺の霜

   讃岐 別丈石

片枝は雪に残して帰り花

尼寺や十夜にとゞくさねかづら

磯ちどり足をぬらして遊びけり

初雪や消ればぞ又草の露

笛の音に波もより来る須磨の鹿

与謝蕪村に戻る