田村巣居

『おくの海集』(巣居編)

indexにもどる

 巣居は仙台原町の観音堂別当清光院十世権大僧正亢亮。俗姓田村。別号桃地。丈芝坊白居の門人。

   島ハ

松しまやこゝろ探れハ夢ならす
   対竹
  
まつしまや小春ひと日ハ漕たらす
   菊車

ほちほちとうまるゝ露の千松島
   百非

中島の梅折に行く小船哉
   巣居

   野は

かまきりの風に身を置く芒哉
   士朗

杭うてハ野から畑からかえる雁
   蕉雨

浅茅野や霧の上行影法師
   冥々

ミちのへや小萩にうつる稲の虫
   樗堂

曇りても日の暮さうなすゝき哉
   雉啄

芒野や穂に出さうなる家計
   午心

   みかさと申宮城野に遊て

木の下やいかさまこゝは蝉ところ
   巣兆

萩ふせは藜(あかさ)さわくそ夜も昼も
   鷄路

芽花野に人の出ぬ日ハなかりけり
   百非

   山ハ

かしこにも人往けりな山をやく
   ミち彦

鶯の寝ところ見たりしのふ山
   長翠

火串さす陰にあたゝら樗哉
   平角

草の戸やそれも霧たつ山樒
   馬年

松山や風のしたより雉子の声
   恒丸

秋の山霧て書たるすかた哉
   五明

旭よき山家に住んて后の月
   素檗

   さくらは

たそかれや見ぬ世の人を花の上
   臥央

世を捨にありく桜の木の間哉
   士朗

   海は

夕たちのあとおしてるや海の月
   雄淵

   池ハ

はつ雪やふかるゝ鴦の草かくれ
   雲帯

鳴蛙かわらぬ顔をうかめけり
   葛三

   川は

よき水のはしる音する若葉哉
   素郷

小鮎くむ花のしからミかけしより
   岳輅

   橋は

人音も緒絶の橋や夜の雪
   蝶夢

ミしか夜の夢や緒絶の橋の音
   暁台

   浦は

うくひすの脛まてかゝる小波哉
   可都里

   原ハ

挑灯のふくれなからや霜の原
   成美

子規鳴や長者も真野のおく
   国村

   里ハ

山風か里へ出たかる紫苑哉
   曰人

   井ハ

山の井や汲に出たれハ秋月
   秋挙

田村巣居に戻る