小蓑庵碓嶺

『をばながさ』


小蓑庵碓嶺の信州・奥羽紀行。信州の門人以吉が同行。

 天保4年(1833年)4月4日、江戸葛飾の玄々舎伯夫宅を出発。暮も押しせまって江戸に帰った。

   旅立ける前日、玄々舎にて、

箸とるも道行ぶりやはつ袷
   碓嶺

   四月四日、目出度旅立。板橋宿にて、

往た春も碓氷は越さじ袷時
   同

朝の間に一宿こすやかくつばた
   同

   中山道榎戸、横田氏探題

戸もさゝで笛ふく里や水鶏鳴
   玉芝

鶯飛やそれにも旅の心しる
   以吉

また旅の嬉しく成ぬさくらの実
   文玉

熊谷のみえて長閑けし芥子の花
   碓嶺



   直江津に三度杖を曳て
 信小諸
見覚のある木は椎かほとゝぎす
   魯恭

葭切の啼止で月の夕かな
   石女



   東武を去て上田に至。行程四十七里。
   日を算れば四十七日。

五月雨によくもあかれぬ草まくら
   碓嶺
  坂木
山水を分て流るゝ清水かな
   雨紅女

五月雨と言はせてけふは晴にけり
   八朗



   古間の駅の茶店にかさやどりすれば、
   主の女、「其処はいと寒からん。いざ此
   方へ」抔言へ(ひ)ける時は五月廿四日
   なりき。

言葉にもみゆる皐月の曇哉
   碓嶺

音もなく降ればや植た竹の雨
   以吉



   三条より早船といふに乗て新潟へくだる。
   思ふに享和のむかし「六人を包で嬉し笘
   の雪」と聞えるは、金令の翁の吟也。其
   後此舟中にて「道彦は上手なり。乙二
   閑人なり」と端書して「帷子の袂や汲め
   ば水のもる」と一句を残す。いづれ道彦
   と言へ、乙二といへ上手に上手を尽して
   及ぶにはあらねど此舟中の眼前は、

間隔に包おくなり風すずし
   碓嶺



   鼠ヶ関

秋立やいま迄踏し越の山
   碓嶺

   迎火焚頃は出羽の酒田に在て

魂奠(たままつる)こゝろを庵の柱かな
   同

   亡師が日和山の文塚にて

人のゆくなりにもゆかで墓参
   同

二分に成て崩るゝをどりかな
   同

物毎にいつもうとさや魂まつり
   以吉



   象潟へまかる途中

麦潟や朝入月の出るまで
   碓嶺



   最上の郡に入りて、

木枯の吹かぬ日はなし男花笠
   碓嶺
  漆山
蛤や十日過ても春の味
   二丘



   最上漆山半沢亭

隣へも行道つけて庵の雪
   碓嶺



   奥羽に旅寝して、

一夜づゝ変る寒や白い箸
   碓嶺

更て来夜のたよりや鐘氷る
   以吉



早立と宿に沙汰して冬の月
   碓嶺
  仙台
堂守の家督済けり麦の秋
   馬年

朔日や翌日よりあすの梅の花
   清女
 須加川
植込の却て寒し枯木より
   たよ女

   旅より戻りて、

けふ迄の不沙汰を侘てとし忘
   碓嶺

旅硯置も直さで煤はらひ
   同

世の中を逃た旅して年わすれ
   以吉

水鳥の処も替ず明の春
   久藏

畑中や梅ばかり成家の跡
   蕣齢

黄鳥の注連に憶する榊かな
   素芯

引込だ住居や椿二本だけ
   謝堂

散たれば翌日の日のある桜かな
   鶯笠

梅さくや土篭(竜)の土の処々
   応々

春雨やあすは上野へ用もある
   一具
  三河
若葉見に出るや近処の起ぬ内
   卓池

来てからも積る木の葉や垣の内
   而后
  イセ
行灯のおぼろに明て八軒屋
   護物
 上毛新町
夕柳余処にも春のみゆる也
   白水
 信六満
四五軒へ配る程あるわかな哉
   葛古

小蓑庵碓嶺に戻る