小林一茶



『木槿集』

 文化9年(1812年)10月、長沼の門人魚淵が芭蕉の木槿の句碑を建立したおりの記念集。

木槿の句碑


宮本虎杖の序がある。魚淵の巻頭文は一茶の代作。

翌文化10年(1813年)に板行。

 凡一集を綴るに、撰する句あれば撰者もいらず、撰なきがゆへ(ゑ)に撰者心を尽す。爰に長沼てふ所に風流の長者あり。是や魚淵と呼、とし頃青桃霊神の徳を仰ぐ。今また木槿のはかなきを観じて塚なん造立す。されば千曲の巨流に硯をそそぎ、諸子の翰墨をもとむ。冊なつて寂しみありをかしみ有。風骨おのおの自こもれり。只浮池が心ざし尤深し。また巻中の芳しきも此道の幾世尽せじ事を。

   文化九申とし 仲秋

天姥虎杖序

 寛政の頃かとよ、筑後国高良山の麓に始て青桃霊神のやしろ定りぬる物から、おのれ其御手洗(みたらし)に漱ぐこと久しく、よりよりそなたへ向て音をのみぞなきける。ことしといふ今年、彼むくげの一句を御霊として、爰の日吉(ひえ)の籬のかたはらに、かたのごとくの石をいとなみ、馬除の柵ゆひ廻し侍る。翁をしたふものはさら也、牛かひわらはに及迄、折ことなかれ、代(伐)ことなかれと、おそれみおそれみぬかづきぬ。

不肖さも気の附今や花木槿
   魚淵


  江戸
起々や舌もつれして春の雨
   成美

杖捨んあとの梅見る栞にも
   みち彦

ふんだんに白梅咲よ綱処
   春蟻

うそ鳴や花の霞の山中に
   巣兆

いたどりを踏折音も花の山
   双烏

鴛やはつ稲づまの懸るまで
   完来

葛の葉のうらみは尽てぼけの花
   瓦全
  飯田
白芥子や草の戸までは夜の雨
   蕉雨

  武州
夜が明て灯燈(ともしび)ふるき柳かな
   碩布
  
春風やとくもくさらぬ赤大根
   春鴻

  ヲハリ
あらけなき音聞雨の蓮哉
   士朗
  
松と竹と冬至の色を見たりけり
   升六

己が世をいかに昼の蚊夜の蠅
   二柳
  ナゴヤ
梅が香をやらじと春を垣根哉
   羅城
  ミチノク
我丈に余りて淋し女郎花
   乙二

  上毛
花薄月は昼から出てござる
   鷺白

  上田
見へ(え)ぬほど都はなれて露曇
   如毛

   寄松年賀

年ごとのためしゆ千代の若緑
   雲帯

  ヨノ
水仙や兎の耳も旭影
   荘丹

  サガミ
秋あらばいつ迄ももて萩の花
   葛三

  江戸
物着よと子を呼ぶ門や秋の暮
   午心

青竹の埒にうつらふ螢哉
   白芹

   今夜此山のあるじぶりして

更科や月見とゞけて草枕
   虎杖

時雨るゝやかけし箒の夜のかげ
   武曰

早稲の香や流に赤き梅一葉
   反古

木工膳の新しき也はるの月
   雨紅

  ユ田中
郭公(ほととぎす)山又山のくらき夜に
   希杖
  ヨシダ
帰るとてわるびれもせず雁の声
   何丸
  石ムラ
豆ほじる鳥が鳴也山茂み
   白斎

釜かけて人まつ霜の一人哉
   八郎

恋捨し宿なし猫のあれにけり
   虎杖

枯尾花雀つる子の顔をうつ
   大綾

磯近き村や明行桐の花
   知洞

杉の実を烏の落枯野哉
   春耕

  アサノ
霞まで命お(を)しさよ雪の海
   竜卜

親猫の痩て来にけり芥子の花
   呂芳

   よろづのもの、四季の恵みにやしなはる。是
   を生涯にひせば、予齢ひ冬季に至なん。され
   ど春待梅のきほひなきにしもあらねば、草不
   庵のいざなふに任せて、一句をそゆる。

なま中にしぐるゝ空や飛白髪
   松宇

つかつかと雉子行藪や一時雨
   春甫

山菅の実ならぬ儘に時雨けり
   魚淵

牡丹餅の来べき空也初時雨
   一茶

小林一茶に戻る