蟹殿洞々

『的申集』(洞々撰)


蟹殿洞々全国行脚の記念集。

文化13年(1816年)秋、随斎成美序。路齋一峨校。鴫たつ庵葛三跋。

あさ虹や寒たけ立し箱根やま
   洞々

麦ものひよとあそふ鍋鶴
   成美

(あさり)とり草のたもとをふりはえて
   一峨

のりものおかむ軒の夕くれ
   諫圃

なつの月丸くなうても大事なし
   一瓢

はつ花におつとり出る田槌かな
   寥松

蛙よふとて青さしを蒔く
   久藏



   霞か関

大竹もなひくや鳫のわたり初
   成美

あけほのや花の情の人に来る
   道彦

見し人の鍋かいて居る清水哉
   巣兆

枯木折人にも匂ふさくらかな
   其堂

榾の火に書て見せうそ鬼か島
   一瓢

露に出る蓑とてもてり坊か妻
   對竹

うくいすや松に七度雪かけて
   護物

花さかりいつもの春になりにけり
   完来

人に付て鹿のくゝりし茅の輪かな
   蕉雨

袷着て落に行はや粂の橋
   車両

つゆのまも芥子の二葉ものこらさる
   應々女

夕かほやむかし役者のの覗かるゝ
   諫圃

見るうちに散ゆく花となりにけり
   久藏

餅の粉を踏来しあとやふたつ猫
   可麿

   武蔵野

初秋の風もとまるや松蘿(さるをがせ)
   國村

正月を笠に着るらし悪太郎
   碩布

川狩の草履をさらふ鴉かな
   五渡

   つゝきの岡

青柳や手をはなす時芝の鐘
   はまも

萬歳を聞なり道のかはくうち
   宝水

   真間の江

酒のミの窮屈になるひゝな哉
   雨塘

木からしや底の見へすく銀河
   素迪

ひとなみの戸口をもては秋の風
   斗囿

   阿取防(アスハ)の宮

きさらきや迚(とて)も桜かさくならは
   一白

さみたれの顔につかへる柱かな
   月舩

いとまなき垣根なれとも薺咲
   鶴老

   香取の海

はつ鰹生て居さうな騒き哉
   李峰

衾きれは夢はうき世の裏を行
   桂丸

   千草の浜

下戸になり躱(かわ)せて柳見歩行歟
   白老

   野島か崎

青芒不二のけふりの根かはへて
   郁賀

大いそや小磯の波も卯月めく
   癇キ

   鹿嶌の浦

鴫鴨の下りしつめたる鳴子哉
   李尺

   筑波峰

髪つみて下り居る窗や鹿の声
   素英

苅頃やすくり立たる麻の風
   隨和

   阿加木の社BR>

はつ音とは山路のこゑ歟ほとゝき
す   碓令

   浅間の里

黄鳥に見せうか庭のかくれ蓑
   葛ふる

   筑磨川

鴨番(つが)ひおなし事して暮る也
   雲帯

   姨捨山

爺婆ゝも柳ひと木の世に出し
   梨翁

山寺や猪に喰れし稲をかる
   八朗

はつ花にせ話しき春そ恥かしき
   起悟
  (ママ)
秋の雨夜もせまうなる心地せり
   雨紅女

ほつほつとうれしき夏よ夜の雨
   鳳秋女

   粂路の橋

薪割か絵ときしにけり涅槃像
   魚渕

見し人の念のこりてや花たもつ
   武曰

芦の穂を蟹かはさんて秋の暮
   一茶

   諏訪の湖

菊買ふやけふは莟(つぼみ)てまをあはせ
   若人

むら雨によい名かゆいて初しくれ
   正阿

   信陽寒殊切

旅人にひと夜かくしぬ夜の雪
   素檗

   甲斐か峰

水浴るからす淋しや暮の春
   可都里

春の海へ流れ出たりみやこ鳥
   漫々

きぬきぬや蚊屋つり草も起直る
   一作

   鳴海潟

降くらすさまや老木の雪の声
   岳輅

   つくしの果まて見めくり来て、さ
   かみのくにへかへるといふ洞々に

見なれたるものこそよけれ不二の山
   士朗

   八ツ橋

家五尺あとへひかはや梅のはな
   卓池

枝をりや箕に入てあるうめの花
   秋挙

   奈古の継橋

さみたれや蚤と蠅とになる庵
   竹里

千代の間に鶴のまたきし菫かな
   幽嘯

   最上川

霜枯の市に持出す戸板かな
   長翠

   阿武隈川

しはしやめて夢はんしせよ傀儡師
   冥々

旅人の馬のり替るかれ野哉
   多代女

花の夜か明かゝるなり雨なから
   雨考

   宮城野

風立や萍(うきくさ)におくこゝろより
   雄渕

聞うとて空寐したそやきりきりす
   百非

山寺やひと吹風の花をまく
   きよ女

かんこ鳥寐る事か唯すき次第
   士由

   盤(磐)手の岡

きりきりす明れは松もしらぬ人
   平角

よき水の走る音する若葉哉
   素郷

   名取川

春の夜の露ふまんかなひかし山
   大呂

   あら海や佐渡に横たふとありし
   翁の吟も、此地の哀れにくらふれは、
   なかなかものゝ数ならて

はこたてにて
こさふくもこゝろもとなしあまの河
   乙二

   鳰のうみ

鶴立し跡の七日も萩の花
   仙風

いかほとも雪たくはへよ比良伊吹
   千影

   賀茂川

柴折れは鶯いぬるゆふへ哉
   雪雄

   交 野

人の気の欲なき時そかきつはた
   耒耜

   三津の浜

雀にも鏡居う歟松のかけ
   奇渕

枯芦のこれほとまてに吹れけり
   八千坊

枯柳水にうつれはみとりなり
   月居

   武庫の山

朝戸出や傘の内より遠柳
   一草

   飽田の津

いそちとりつめたき足も唯おかす
   樗堂

   新田の池

行としのしらへを聞や松の庵
   玄蛙

   松浦潟

夕風やおもふ所を月の出る
   祥禾

   海外なつかしき所

青嵐ふくやあるしも山家ふり
   布席

   立野の山

あさかほにものいふ年と成にけり
   南謨

   相摸の市

今朝の夢誰にかたらん枯尾花
   半素

もの陰にきつね眉かくはるの雨
   丈水

   御浦の里

鳫かねに乾ける木地の仏哉
   呉雪

   雨降山

凉しさは名にもある也神楽岡
   丁儿

鳴もせぬ顔を並へる巣鳥かな
   淇渓

十月の道はたにあるさくら哉
   叙来

   小餘綾(コヨロギ)の磯

山の井の椿はき出す二月哉
   雉啄

花の世や家にありては家さくら
   葛三



はつ花やそれにもくせの胸さはき
   撰者
 蟹殿

ぬる蝶や舞ふ蝶や野のこほれ銭
   校者
 路齋

蟹殿洞々に戻る