俳 書

『句餞別』(芭蕉翁撰)



 貞享4年(1687年)10月末、芭蕉が「笈の小文」の旅に出る際に贈られた餞別の詩歌・発句の類を収めたもの。

 寛保4年(1744年)、祇徳は『句餞別』(芭蕉翁撰)自在庵祇徳跋を翻刻刊行。

 芭蕉自筆の真蹟は常陸潮来の本間自準亭に伝来し、嘉永元年(1848年)『夏しぐれ』の題名で覆刻された。

   芭蕉庵主しばらく故園にかえりな
   んとす。とめる人はたからを送り、
   才ある人はことばを送るべきに、我
   此二ツにあづからず。むかし、もろ
   こしのさかひにかよひけるころ、
   一ツの烏巾を得たり。これをあた
   へて、たからと才にかふるものな
   らし。
素堂山子
もろこしのよしのゝ奥の頭巾かな
  不卜
留守のうち猶やせぬべし冬の菊
  ちり
來月は猶雪ふらん一しぐれ
   東來紫氣  曾良
俳諧説て關路を通るしぐれ哉
釋 宗波
我夢を嚔(ハナヒ)ん霜の草枕
  野馬
朝霜や師の脛おもふゆきのくれ
  由之
はこね山しぐれなき日を願ひ哉
  孤屋
十徳に綿をいれたき霜路哉
  嵐雪
凩の吹うしろすがた哉
  其角
冬がれを君が首途や花の雲


  俳諧哥仙
   旅泊に年を越てよしゝの花にこゝ
   ろせん事を申す。
 露沾
時は秋吉野をこめし旅のつと

  鴈をともねに雲風の月
  芭蕉

山陰に刈田の顔のにぎあひて
  沾蓬

  武者追つめし早川の水
  キ角



   十八句
 濁子
江戸櫻心かよはんいくしぐれ

  薩陲の霜にかへりみる月
  芭蕉

貝ひろひひろひゆく磯馴て
  嵐雪

  醉ては人の肩にとりつく
  其角

けふの賀のいでおもしろや祖父が舞
  翁



   十 句
 松江
しろかねに蛤をめせ霜夜の鐘

  一羽別るゝ千どり一群
  翁

枯草にいよいよ松のみどりして
  曾良

  田中の道のとをりくれ行
  依々

俳 書に戻る