俳 人

西尾其桃
indexにもどる

 本名弥三郎。医師。美濃派の俳諧を学ぶ。三千堂。其桃の俳号は西王母の庭の桃の伝説による。

 明治元年(1868年)1月18日、播州明石郡垂水村に生まれる。

 明治40年(1907年)、下関市岬之町で医院を開業。

 昭和5年(1930年)、讃岐を訪れる。

昭和6年(1931年)4月8日、和歌山白浜で客死。64歳。

寺崎方堂は其桃を無名庵十七世と追号。

 昭和57年(1982年)10月、『其桃』創刊50周年を記念して其桃社は其桃の句碑を建立。


神も跡垂れて千歳に月かなし

滋賀県大津市の義仲寺に其桃の句碑がある。



鴬の頻に鳴くや雨の花

山口県下関市の日和山公園に其桃の句碑がある。



春の日のきらめく蘭の葉尖哉

大津市の芭蕉道統歴代句碑に其桃の句がある。



春の日のきらめく蘭の葉先哉

俳 人に戻る