俳 人

高井几董

indexにもどる

京都の人。与謝蕪村の高弟で、その死後夜半亭を継いで三世となる。

 寛保元年(1741年) 、高井几圭の次男として生まれる。

 明和7年(1770年)、蕪村に入門。

 安永2年(1773年)、『あけ烏』(几菫編)刊。

 安永3年(1774年)3月23日、蕪村・樗良・几董の歌仙。

   三月廿三日即興

菜の花や月は東に日は西に
   蕪村

 山もと遠く鷺霞み行
   樗良

渉し舟酒價(テ)貧しく春暮て
   几董

『宿の日記』(初稿)

 安永3年(1774年)4月、加藤暁台丈芝を伴って上京。7日、夜半亭興行。

   夏四月七日、於夜半亭興行
   長安萬戸子規一聲

ほとゝきす南さかりに鄙くもり
   曉臺

垣のあなたのみしか夜の河
   蕪村

草高きあづち平いらにならさせて
   丈芝
   (※「土」+「朶」)
人の履たる足駄かるなり
   几董

『宿の日記』(初稿)

 安永5年(1776年)、『続明烏』(几董編)。

 安永7年(1778年)、蕪村と大坂・摂津・播磨・瀬戸内方面に旅に出る。

 天明2年(1782年)10月、『わすれ花』(松化編)几董跋。

 天明3年(1783年)12月25日、蕪村は68歳で没。

 天明4年(1784年)12月、『蕪村句集』(几菫編)。雪中庵蓼太序。

 天明5年(1785年)、几董は江戸に出て夜半亭を継承。同年、京に帰って『続一夜松前集』(蓼太序)を刊行。

 天明6年(1786年)、『続一夜松後集』上梓。

 天明8年(1788年)、几董は遊行寺の芭蕉忌に詣でた。

   浪華にありて、遊行寺のはせを忌に
   詣

法の燈や吹井の鶴も時雨けり


 寛政元年(1789年)、自選発句集『井華集』刊。

寛政元年(1789)10月23日、没。享年49。

几董が伊丹といふ所にてにはかになくなり侍りしよし、はや便にいひこしける。風雅にかゝりづらふ人の「道路に死なん是天の命也」と、ばせを翁も書のこし申されける事などおもひなぐさめて

旅笠をつひのやどりやかれ尾花


几董の句

うぐひすの卯の時あめに高ね哉


隨身の落馬興ある雪見哉


新月にそばうツ艸の庵かな


新月にそばうつ艸のいほりかな


冬川にむさきもの啄む烏かな


うぐひすの脛にかゝるやかれかづら


ふし見の夜急に更たり時鳥


比良の雪大津の柳かすみけり


かげろふや酒にぬれたる舞扇


朝ごとの法や旅寢の一大事


舩慕ふ淀野の犬や枯尾はな


(たたづむ)はなを(ほ)ふる雪の夜道哉


山鳥のさは(わ)ぐは鹿のわたる哉


俳 人に戻る