俳 人

五味可都里
indexにもどる

『名録帖』 ・ 『俳人住所録』

可都里の句

 本名は五味宗蔵。加藤暁台高桑闌更に学ぶ。別号、葛履。葛里。蕪庵。雪亭。

甲州藤田 

可都里    
   五味宗蔵 


 寛保3年(1743年)、中巨摩郡藤田に生まれる。

 明和7年(1770年)11月、高桑闌更に入門。

 天明2年(1782年)4月10日から22日まで五味可都里が信州諏訪・佐久及び上州妙義・榛名を旅する。『諏訪道之記』

 天明3年(1783年)秋、加藤暁台は信濃から甲斐に赴き、可都里を訪ねている。

信濃の道くだり、甲斐の国に歩みを引ちがへて行ほど、藤田の可都里は年頃文してしれる好人なれば尋ぬ。其夜ごろにもあれば、月を見せばやなどわりなくとゞめられ、望の夜もこゝに遊ぶ。士峯の北面まぢかくひたひにかゝるやうなり。

高根はれて裏行月のひかり哉


 天明8年(1788年)秋、闌更を藤田村に迎えて歌仙を巻く。『農おとこ』(可都里編)刊。闌更序。

一無庵丈左は可都里を訪れ、両吟。

尺鳩花見しこゝろ啼ふるす
  可都里
※「尺」=「尺」+「鳥」)
 菊の虫狩明暮の夏
   丈左


『ななしどり』(可都里編)。寛政8〜10年に詠まれた句を収録。

 寛政10年(1798年)、今泉恒丸は可都里を訪ねている。

 文化3年(1806年)6月27日、菜窓菜英は五味可都里を訪ねた。『山かつら』

 文化4年(1807年)5月22日、『続雪まろげ』(素檗)。五味可都里序。

文化14年(1817年)9月14日、75歳で没。

南アルプス市の泉能寺史跡五味可都里之墓所がある。



門弟に辻嵐外がいる。

五味蟹守に蕪庵二世を伝える。

文化15年(1818年)4月22日、文政に改元。

文政元年6月、『花之跡』(可都里追善句集)源為祥序。文政元年8月、蟹守跋。

俳 人に戻る