五味可都里

可都里の句

正月や烏帽子あきなふ旅の人


時鳥ふねに無言の遊ひかな


涼しさやふたゝひむかふ結ひ雲


花守や世はわたくしの小盃


やとり木の花くひおるなやま烏


菊の香のあまりて深き葎かな


かはかりの盛持けり遅さくら


既望や田ぬしか宿の火とり虫


草臥や杖にこたへて鴫のたつ


たちよらは影やかゝらん梅の花


名月のをしくも照らす深山かな


名月のをしくもてらすみやま哉


夜の菊ひとり自慢のおこるかな


里人のこゝに年寄る鵜川かな


三日月のはや大事也梅の華


三日月のはや大事なり梅の花


なてしこにはけしき日かけかかる哉


烏来て何ともせぬや萩の花

名月や何処にどうして郭公


菊の香のあまりてふかき葎哉


からす來て何ともせぬや萩の花


すり鉢のワれし夜を啼千鳥哉


うくひすの脛まてかゝる小波哉


一銭の茶にうつりけり八重霞


名残あり月の草津の霧時雨


けし咲やものゝ言よき端の家


蝉啼や井戸ほり独世にあはず


水くゞる心でぬける茅の輪哉


一錢の茶にうつりけり八重櫻


祝儀とて力も入れず小松引


糸竹の音に通ひけり天の川


見歩行ば人の桜はなかりけり


嬉しさを包む艸ならかきつばた


名月や人の白髪に心つく


いふことのさはるやう也夜の華


おし出してやりたき山や夏の月


水浴るからす淋しや暮の春


若角力まけるにつけて贔屓哉


簾出つ柳潜りつ日ぞ永き


名月や何処にどふして蜀魂


鶯と我との中のすたれかな


水あひる烏淋しや暮の春


五味可都里に戻る