行庵洒雄

『十かへりの花』(洒雄編)



久米逸淵三周忌追善集。行庵洒雄編。

行庵洒雄は美濃の人。伊藤氏。逸淵の高弟。

文久元年(1861年)7月20日、久米逸淵は72歳で没。

文久3年(1863年)、久米逸淵三回忌に刊行。

脇起
  俳諧の連歌

帰るより又あはれなり残る雁 逸淵居士

 仰く甲斐なく霞む朝ゆふ   洒雄



おもひ出す三とせもむかし花寒し   等栽

花の坐ハなへて花ふる供養かな   見外

   帰るより哀と有し逸淵翁の遺章に老の
   泪先こほれて

ミとせたつ春やことしも残る雁   青荷

露と見る名残のしものなこり哉   寄三

月に花に思ひ出しけりツエの迹   紅於

   帰るよりとありし遺章を立句に百韵を
   いとなみけるに

あつまりてぬれ羽ふるふや残る雁   半湖

枯草の茅ふりほどく柳かな   涼松

声ふるきさとや夜雨にほとゝきす   五渡

又こゝに加賀の御門や子規   卓郎

ほとゝきす雨にハとゝく紙燭哉   永機

   法筵の賑は師の余光、営は雄子の真
   心也

身に覆ふかけや弥生も月のつゆ   弘湖

花ちりて安きさくらの姿かな   紅於

行庵洒雄に戻る