五味可都里

『俳人住所録』(文政4年)


五味家蔵。文政4年4月、信濃・上毛をはじめ、俳人の所在地・本名などを記す。

  信濃

素檗 上諏訪 島屋太郎左衛門

正阿 矢崎良作

蕣齢 伊那部山寺村 中村玄三

雲帯 上田 万屋七郎左衛門

武曰 善光寺

一茶 柏原

  上毛

詠帰 小保方 萩原矢作

鷺白 草津 黒岩忠右衛門隠居

  下総

金提 新井村 清兵衛

素迪 成田山 新勝寺

雨塘 曽我野

  上総

里丸

白老

  常陸

松江

  安房

○鳥周 磯村 尾崎岱玄

杉長 久保村 井上良民

○郁賀 平磯村 善右衛門

  陸奥

雨考 須賀川 石井久右衛門

たよめ  ゝ  市原正五郎母

冥々 本宮 塩田茂兵衛

雄淵 仙台大崎八幡社司 大馬山城

馬年 御宮町 石原泰輔

曰人 ゝ  遠藤伊豆介

きよめ 仙台 松井玄甫室

乙二 白石 千手院

素郷 南部森岡 小野

平角 ゝ  平野治良吉

  箱舘

○布席 伊達清兵衛

草キョ 長崎屋半兵衛
(※「王」+「居」)
夢南 福島 大円寺

  出羽

○フ山 米沢 高橋六郎右衛門

  武野江戸

鴬笠 中橋南大工町 田川

寥松 両国研堀 氷黒

蕉雨 同所横山丁町角 八巣

護物 浅艸広小路東仲町 田喜庵

国村

一峨

  伊豆

一瓢 玉沢 経王寺

  三河

卓池 岡崎満生寺前 鶴田与惣佐衛門

秋挙

  尾張

阿籟 有松

岳輅 名古屋住吉町 乗西寺隠居

  近江

閑斎 粟津 義仲寺

  山城

雪雄

  摂津

月居 大坂本町二丁目

屋烏 呉服橋 八千坊

  播磨

玉屑 米田神宮寺

  安芸

玄蛙 広島 多賀庵

  日向

真彦 臼杵郡吾田 安藤弾正

  河内

耒耜 豊浦クラカリ峠ノ下 中村八右衛門

  越後

幽嘯   在長崎



江戸小伝馬町三丁目 水野出守殿内 中村玄三 蕣齢

小諸町 魯恭

上田 露丸

五味可都里に戻る