小林一茶



『我春集』

文化8年(1811年)の句日記。

署名は、巻頭の歳旦吟「我春も上々吉ぞ梅の花」により、後人がつけた仮題である。

着到帳第一番
一茶

   我春も上々吉ぞ梅の花

去十二月廿三日

行としや空の青さに守谷迄
   一茶

 寒が入やら松の折れ口
   鶴老

文化八年正月一日

初空や不二も埃のたゝぬうち
   鶴老

はつ空や是にもほしき時鳥(ほととぎす)
   (ゝ)

   草 庵

節穴や我初空も美しき
   一茶

鶯や梅や無我には暮れず
   天外

   七日会

鶯の声をかぎりの枕かな
   竹里

鶯の親子仕へる梅(の)花
   一茶

   員 外

黄鳥(うぐいす)の声をかぎりの枕哉
   

 菊苗伏せて十日目の露
   一茶

草餅の臼の中より月出て   鶴老

 さし来る汐に舟廻す也
   天外

   九日夜探題

けろりくわんとして雁と柳哉   一茶

   十日会

初空へさし出す獅子のあたま哉

正月廿九日 於本行寺

陽炎や道潅どのゝ物見塚
   一茶

菜の花と知りつゝ呑や釣瓶から
   一瓢

むつましや生れ替らば野べの蝶
   一茶

刀禰の帆が寝ても見ゆるぞ青田原
   一茶

菜の花としりつゝのむやつるべから
   一瓢

黒土や草履のうらも梅花
   一茶

鍬かまのカンともいはず春雨
   一瓢

陽炎やされば柳の植所
   祗兵

   二月廿五日より開帳

春風や牛に引れて善光寺
   一茶
  佐原
人の来て元日にする庵哉
   もと

草の戸や人のさしたる柳陰
   兄直

鶯にすゝめられたる草履哉
   月船

白梅の四五日さくやしゞめ汁
   ゝ

佐川田へかたるな花に朝寝すと
   対竹

   暮 春

山ざくらそなたの空も卅日哉
   ゝ

   根岸にて

山吹をさし出シさうな垣ね哉
   ゝ

鍬の柄に鶯なくや小梅村
   ゝ

月花や四十九年のむだ歩き
   ゝ

二月や天神さまの梅の花
   ゝ

 閏二月廿九日といふ日、雨漸(やうやく)おこたりければ、朝とく(頭)陀袋首にかけて、足ついで、例の角田堤にかゝる。東はほのぼのしらみたれど、小藪小家はいまだ闇かりき。しかるに上のならせ給ふにや、川のおもてに天地丸赤々とうかめて、田中は新に道を作り、みぞ堀はことごとく板をわたして、おのおの御遊を待と見へえたり。誠に無心の草木にいたる迄、春風に伏しつゝ、めでたき御代をあふぐとぞ覚え侍る。

五百崎(いおざき)や御舟をがんで帰雁
   

卅日なき所が有やら帰雁
   一茶

五月雨の翌は檜もたのみ哉
   成美

 乙鳥(つばめ)の親の後れ子を鳴
 太キョウ

麻染るさらさら小川さらさらに
   一茶

 十六日昼ごろ、きせるの中塞りてければ、麦わらのやうに竹をけづりてさし入置たりけるに、中につまりてふつにぬけず、竹の先ワわづかに爪のかゝる程なれば、すべきやうなく、欠残りたるおく歯てしかと咥へて引たりけるに、竹はぬけずして歯めりめりとぬけおちぬ。 あはれ、あが仏とたのたるただ一本の歯なりけるに、さうなきあやまちせしもの哉。かの釘ぬくものにてせば、力も入らず、すらすらとぬけぬべきを、人の手かることのむつかしく、しかなせる也。

 此寺廿年あまり折ふしにやどりて、物ごとよ所よ所しくあらねど、それさへ心まゝならぬものから、かゝるうきめに逢ひぬ。

がりがりと竹かじりけりきりぎりす
   一茶

   浅草反甫(田圃)にて

夕立にうち任せたりせどの富士
   一茶

唐きびも闇の涼のたより哉
   白老

さばさばと夕顔の夜もなくなりぬ
   一茶

   題松島

島々や一こぶしづゝ秋の暮
   ゝ

象潟や田中の島も秋の暮
   ゝ

象がたやそでない松も秋の暮
   ゝ

(あさがお)やうつとしければ昼も咲
   一茶

   七月廿日素丸遠忌

かつしかやなむ廿日月草の花
   ゝ

雁鳴や村の人数はけふもへる
   ゝ

名月や高観音の御ひざ元
   ゝ

   七月廿六日ごろより北方七星の辺りに稲つ
   かねたらんやうなる星顕るゝ。老人豊秋の
   しるしといふ。

人並や芒もさわぐはゝき星
   一茶

むだ人や秋の夜寒の身づくろひ
   双樹

蟋蟀にふみつぶされし庇哉
(※「蟋蟀」=虫偏に「車」)

 信州善光寺商人のいはく、「けふは越後今町の沖にて漁あらん」といへば、三日ばかりへて、必魚荷所せく迄引つゞきて来ぬ。「けふはなし」といへば、はたしてしか也。是其道に志深き物から、廿里をへたゝりたる彼地に魂もやかよふなめりと、友人柳荘にかたられ侍りき。されば、立砂翁と今は此世をへだてたれど、我魂の彼土(かのど)にゆきゝしてしりけるにや、又仏の呼よせ給ふにや十三廻忌といふけふ、はからずも巡り来ぬることのふしぎさに、そゞろに袖をしぼりぬ。

何として忘ませうぞかれ芒(すすき)
   一茶

   法莚の夕がたなれば

此時雨なぜおそいとや鳴烏

冬木立むかしむかしの音すなり

夕暮の頭巾へ拾ふ紅葉哉
   立砂

紅葉ゝや爺はへし折子はひろふ
   一茶

   寛政十年十月十日ごろ、二人てこなつぎ橋
   あたりを見巡りしときのこと也。

真間寺で斯う拾ひしよ散紅葉

生残り生残りたる寒さかな

松蒔(まい)て十三年の時雨かな

木がらしや是は仏の二日月

 又小見川の里いかけしが人を殺し、ばくち打が追剥すなど、風聞みな此あたりなれば、小南行は思とゞまりて、布川の里にとしをとりぬ。

   行としやたのむ小藪もかれの原

小林一茶に戻る