片山助叟

誹諧釿始』(助叟編)


元禄5年(1692年)刊。助叟自叙。

 いて羽なるきさかた
   旅寝して

夜や秋や蜑の痩子や鳴鴎
   言水

灰汁桶の雫やみけりきりきりす
   凡兆

一色もうこく物なき霜夜哉
   野水

いねいねと人にいはれつ年のくれ
   路通

 始 筆

筆始今の美人は誰々そ
   木因

 両国橋の舟に遊ひて

身にしむや宵暁の舟じめり
   其角

船になり帆に成風の芭蕉哉
   一晶

 高野にて

父母の頻にこひし雉の聲
   芭蕉

九月迄何蕣の花の疵
   三千風

 轍士あいさつに
  
あたらしくそろひ織はやあら莚
   その

凩に二日の月の吹ちるか
   荷兮

 五年ふりにて

水無月や風に吹れに古里へ
   鬼貫

 冬の日客をもてなす

君見よや我か手に入るそ莖の桶
   嵐雪

 ひみといふ山かけにて
   卯七に別て

君か手もましる成へし花薄
   去来

夜の芳野蕣は月の落花たり
   西鶴

 別 僧

ちる時は心やすさよ芥の花
   越人

 今はこの世になき

   人々なれとも

飛梅やかろかろしくも神の春
   守武

かしかまし此里すきよ郭公

   宮古のうつけ何を待らん
   宗鑑

化の領の松茸狩や笠とかめ
   貞徳

遙なる唐茶も秋の寐覚哉
   宗因

   鳴瀧

門松の元見よ松の今朝の山
   秋風

   いかにせん

初花よ妻もたぬ身の詠なる
   清風

目には青葉山郭公初鰹
   素堂
  作者
秋のくれ男は泣かぬ物なれはこそ
   不知

片山助叟に戻る