岩田涼菟

俳諧行脚戻』(五桐編)



 元禄16年(1703年)、岩田涼菟は北国行脚の帰途、大垣を経て桑名に滞在した記念集。五桐自序。五桐は桑名の人。

涼菟の主、北国の寒さを逃てこの湊に船をたゞよふ。人々つどひ集り、笠をかくし杖などとつて、しばらく旅のやつれを補ふほど、ひと巻二まきとひつゞけて、俳諧行脚もどりとなん、そのまゝの名なるべし

元禄癸未初冬中浣
   五桐自序

  宗祇法師の薪の文は利休の茶のゆ
  に出されたる名物とかや。折ふし
  五桐亭四疊藩のしくれに興したる
  六人。

先以薪のふみやはつしくれ
   涼菟

いさゝか開く十月のむめ
   五桐



   春 部

  大嶋の花にて

櫓のところ棹の所や江のさくら
   木因

唐獅子のかほてほとけのわかれかな
   李由

咲ころは彼岸さくらの眠さかな
   支考
  カゝ
うす皮に育見せけりはつさくら
   從吾
  カゝ
あれか鳴ともおもはれぬひはり哉
   牧童

蛤の闇しらうをの月よかな
   涼菟

水をうつ芝居の門やいかのぼり
   五桐

   夏 部

  尋五桐子

花にむすび麥のほにとく舎りかな
   素堂

一聲やあたまをさゆるほとゝきす
   桃妖
  カゝ
麥を苅世話の中より田植哉
   自笑

   秋 部

鳫かねや翼にかけて比良横川
   許六

  行脚戻

隼の手柄も多し越のやま
   木因

いさよひも過て障や虫の聲
   北枝

   冬 部

日をからくる山の落はかな
   露川

  儡傀(ママ)

うかれめにとりまかれたるこたつかな
   乙由

  木芽峠

歸りはなきのめ峠に咲にけり
   涼菟

階子田をちからに霧の峠かな
   乙由

  桑名夜舟

千鳥啼かたや一二のみほつくし
   涼菟

岩田涼菟に戻る