巒寥松



『八朶園句纂』(白梅社中編)

天保2年(1831年)、刊。八朶園寥松句集。

はつ花におつとり出る田槌かな

耳なしの山のくちなし秋たちぬ

時雨窓月巣うせぬと聞て

駿河茶の香もうすらぎぬ秋の暮

兄直

日をふるわづらひもすこし怠るやうに見ゆなど人のいへるに、たのもしく菊の節句の頃はさぞと侍しかひなくて

茱萸にかへぬ薬ぶくろぞなみだなる

午心

世にありてのたのしさと、なくてのたのしさといづれ。

とても行道とやさきも花のとき

巒寥松に戻る