子日庵一草
indexにもどる

一草の句

   何がし寺にあそびて

しぐるゝや漁村つゞきの寺林


雲われて山尖けり冬の月


梅咲夜あらし吹かも一里鐘


花の雲ことしも夢にくらす哉


柳ありて人すむ流見ゆる哉


漣のうき草時になりにけり


山まつや夜べの碪の此あたり


華痩の雨ふる冬木桜かな


二月や風の末よりあらし山


蕣の花のうへにもさかりかな


むつまじや鵆が中の三軒家


名月は芒の影をくもりかな


大ぎくのかげつゝ立り蔵の壁

砧打てゆかしがらする榎かな

雉子啼や山の奥にもよき月夜


ぬる蝶にさはりさはらで蝶飛ぬ


山風の吹て久しきつばきかな


万歳のへさきにたてり渡し守


はツ午や暦まかせの神ごゝろ


雉子啼や狗背(ぜんまい)蕨野は眠き


ひだるさに馴しさくらの山路哉


月見ればたゞ山見れば姨が秋


鴬が今朝も啼たりかきつばた


鶯とふたり前つむ若菜かな


手一合白魚買ん梅の花


身ひとつや田螺の蓋も明の春


あきかぜや割木のうへを這ふ螢


朝戸出や傘のうちより遠柳


はつ雪のおとついは雪の見もの也


汐尻の泥にひつゝく落葉哉


花の雲ことしも夢に暮す哉


夜桜や明日ある人は帰るべく


朝戸出や傘の内より遠柳


草の月雉子も鳴かずに居られまい


柳とは心つかぬに月夜かな


蝶の飛[ぶ]渉りもあらん天の川


雪を出て亦はつ雪のみやこかな


夜のさまの朝々見ゆれ松の露


子日庵一草に戻る