2005年群 馬

武具脱の池〜紅 葉〜
indexにもどる

万座温泉の辺りが一番早く紅葉するはずだと思って、出掛けることにした。

 関越自動車渋川伊香保ICから国道353号、国道145号を経て、国道292号に入り、草津温泉に向かう。

草津運動茶屋公園道の駅に車を停める。


奥の木陰に鳥兜(とりかぶと)が咲いている。


草津運動茶屋公園道の駅から浅間山(標高2,568m)を望む。


山頂は雲に隠れている。

国道292号で白根火山ゴンドラ山麓駅へ。


 国道292号を挟んで、白根火山ゴンドラ山麓駅の反対側に武具脱(ものぬぐ)の池がある。

武具脱の池

 白根山の火山は、修験者が白根山を霊場として修行していました。

 武士の甲冑と同じに修験者の頭巾、法衣も甲冑とみなされて「ものぬぐ」と呼ばれ、白根山へ登るあいだに修験者は正式の装束を脱ぎ、清浄な身となって白装束に替え、山頂へ登りました。

 源頼朝に追われた木曽義仲の残党が武具を脱ぎ捨てたという伝説から武具脱の池と呼ばれともいう。

武具脱の池の紅葉


紅葉の初めである。

武具脱の池の薄(すすき)


白根火山ゴンドラ山麓駅に吉田一穂の山媛呼の碑があった。


万座温泉へ。

2005年群 馬〜に戻る