2005年群 馬

水沢観音〜万葉の歌碑〜
indexにもどる

予報では天気が良くないので、遠出はできない。

そこで、とりあえず伊香保温泉に行くことにした。

東北自動車道渋川伊香保ICから県道33号渋川松井田線で伊香保温泉に向かう。

今日は途中で県道15号前橋伊香保線に入り、水沢観音に立ち寄る。


水沢観音の駐車場に車を停めると、万葉の歌碑があった。


伊香保ろの八尺(やさか)の堰塞(いで)に立つ虹の顕(あらは)ろまでもさ寝をさ寝てば

この歌の歌碑は伊香保温泉神社にもある。

六角二重塔


六角二重塔は六地蔵尊自体が回転する。

本 堂


本尊十一面千手観世音菩薩を安置している。

五徳山水澤寺の水沢観音は坂東三十三観音霊場16番札所である。

宗派は天台宗

 大正3年(1914年)9月18日、東洋大学の創設者井上円了は伊香保温泉から歩いて水沢観音にやってきた。

 緩歩して水沢観音に至る。板東十六番の札所なり。寺古く堂荒れ、一人の賽客なく、ただ六角堂内に古色を帯びたる六地蔵の、蕭然として輪立せるを見るのみ。

井上円了「伊香保温泉漫遊記」

本堂脇の急な石段を登ると、飯縄大権現がある。

水沢観音にやって来る人は多いが、石段を登っていく人はいなかった。

杜鵑(ほととぎす)が咲いていた。


杜鵑(ほととぎす)はユリ科の花。

飯縄大権現の裏にも万葉の歌碑があった。


伊香保ろの八尺(やさか)の堰塞(いで)に立つ虹の顕(あらは)ろまでもさ寝をさ寝てば

なぜか、同じ歌の歌碑であった。

釈迦堂は参拝料は500円のはずだが、なぜか無料だった。

伝狩野探幽の掛け軸「仁王図双幅」等が展示されていた。

 昭和45年(1970年)10月19日、高浜年尾は坂東札所巡りで水沢寺へ。

   十月十九日 坂東札所巡り 十六番水沢寺

晩秋の桑黝みてみどり無し

降りやまぬ欅落葉や堂の秋

紅葉映えするほどもなき枝の先


 平成18年(2006年)2月20日、群馬県北群馬郡伊香保町は群馬県渋川市伊香保町になった。

伊香保温泉へ。

2005年群 馬〜に戻る