2017年愛 媛

「正岡子規邸址」〜子規の歌碑〜
indexにもどる

松山市湊町3丁目の中の川通り緑地帯に「正岡子規邸址」の碑があった。


正岡子規生い立ちの家跡

 子規は俳句・和歌の革新を行い、写生文を提唱して俳聖と仰がれている。2歳から明治16年17歳で上京するまで住んだ家がここにあった。

   くれなゐの梅散るなへに故郷(ふるさと)

         つくしつみにし春し思ほゆ

 子規の最初の歌碑で、昭和26年50年祭のとき、子規の育った屋敷跡に建立した。明治35年3月10日午後4時過ぎ、門人の歌人伊藤左千夫が紅梅の下に土筆などを植えた盆栽を贈った。それを眺めて朝な夕なに作った歌11首を明治35年3月26日、新聞「日本」に発表した。この歌はその一首。「なへに」は「…につれて」の意。文字は『仰臥漫録』の自筆の拡大。

松山市教育委員会

俳句の里 城下コース27番

明治35年(1902年)9月19日、子規歿。

子規の歌碑


くれなゐの梅散るなへに故郷につくしつみにし春し思ほゆ

昭和26年(1951年)9月19日、建立。

 昭和35年(1960年)11月29日、山口誓子は「正岡子規邸址」を見に行った。

 子規の住んでいた中の川の家の址も見に行った。いま湊町四丁目。子規の歌碑が立っている。中の川をうしろにして、川沿いの家はみなおでん屋だ。昔、あった子規の家は士族屋敷で、玄関を入った左に三畳の勉強部屋があった。南側の窓の下に、机が一脚、本箱が三つばかり並んでいて、本箱には子規の筆写した本が詰っていた。貧乏士族の子である子規は、字が巧くて筆まめだったので、本を筆写することを苦にしなかったのだ。

 子規のこの屋敷の隣りで、虚子が生れた。子規の誕生した新玉町の家の址も見に行った。いま花園町一丁目、商店街で、そこからも北に松山城が見えた。

『句碑をたずねて』(四国・九州路)

2017年愛 媛〜に戻る