2006年千 葉

円福寺本坊〜古帳庵句碑〜
indexにもどる

飯沼観音で古帳庵の句碑が円福寺本坊にあると聞いて、行ってみた。

飯沼観音から国道356号を越えると、円福寺本坊があった。


真言宗智山派の寺である。

円福寺本坊


庭の植え込みに古帳庵の句碑があった。


説明が書いてある。

古帳庵句碑

ほととぎす銚子は國のとっぱつれ

江戸小網町古帳庵

 天保12年(1841年)、江戸の豪商(埼玉県入間郡越生町出身・本名鈴木金兵衛)が、俳諧の友である銚子の豪商田中玄蕃、野崎小平次らに招かれた時の句で、今日では銚子を代表する句になっています。同碑には古帳女(妻)の「行き戻り瓢(ふくべ)を冷やす清水哉」の句も刻まれています。

 安政5年(1858年)4月1日、赤松宗旦は田中玄蕃、野崎小平次に会っているようである。

  観音の脇
      野崎小平次
  同うしろ
      田中玄蕃

赤松宗旦『銚子日記』

「豪商田中玄蕃」はヒゲタ醤油の創始者田中玄蕃の10代目らしい。

この句はNHK連続テレビ小説「澪つくし」で有名になったそうだ。

私は見ていないから分からない。

犬吠埼温泉へ。

2006年千 葉〜に戻る