2008年千 葉

愛宕神社〜芭蕉の句碑〜
indexにもどる

 東武鉄道野田線愛宕駅を出て県道3号つくば野田線を西に行くと、県道17号結城野田線と交差する。


愛宕神社前交差点に愛宕神社がある。


延長元年(923年)、創建。野田の総鎮守。

祭神は迦具土命(かぐつちのみこと)。迦具土命は火伏の神。

愛宕神社本殿は千葉県の有形文化財。

 文化10年(1813年)から文政7年(1824年)まで11年の歳月をかけて再建されたといわれているそうだ。

境内の片隅に芭蕉の句碑があった。


百年の氣し幾を庭能落葉可那

元禄4年(1691年)10月、彦根市平田の浄土宗光明遍照寺で詠まれた句。

李由(1662〜1705)は本名河野通賢。光明遍照寺第十四世住職。

碑の裏にも芭蕉の句が刻まれていた。

西行能庵毛あ良舞は難乃庭
(西行の庵もあらむ花の庭)

出典は『泊船集』。「露沾公にて」と前書きがある。

年次不詳。『芭蕉翁發句集』には「元禄六酉年」とある。

 露沾は磐城の平藩7万石城主内藤右京大夫義泰(風虎)の次男義英、その後政栄。

享保18年(1738年)9月14日、没。享年79歳。

文政11年(1828年)10月、句碑建立。

愛宕神社の裏に将軍地蔵尊がある。


明治元年(1868年)、神仏分離で愛宕神社から移された。

愛宕神社の隣に西光院がある。

2008年千 葉〜に戻る