牧水ゆかりの地

indexにもどる

玉乃井旅館

 昭和3年(1928年)3月6日、若山牧水は鈴木浚一と湯河原から乗合自動車で熱海の梅園までやって来た。

その日は玉乃井旅館に泊まる。


玉乃井旅館


 新しい立派な旅館玉の井の掃き清められた玄関に、濡れ汚れた草鞋履きの怪し気な男が二人這入って来たのだから上客とは思えない。ロビーから廊下が二つに別れる角の、いとも賑かな部屋に通された。

「或る旅の思ひ出 鈴木浚一」

平成20年(2008年)1月18日、玉乃井本館は全館改築工事のため、休館。

1年経っても更地のままであった。


翌7日、若山牧水は多賀で鈴木浚一と別れ、伊東へ。

牧水ゆかりの地に戻る