牧水ゆかりの地

島 原
indexにもどる

長崎県島原市中町に「ホテル&スパ花みずき」がある。

 平成18年(2006年)7月15日、「島原ビジネスホテル住吉館」は「ホテル&スパ花みずき」としてリニューアルオープン!

「ホテル&スパ花みずき」の前の標柱に若山牧水の歌が書かれていた。


有明の海のにごりに鴨あまたうかべり船は島原に入る

大正2年(1913年)1月、若山牧水は島原を訪れている。

一月初旬より二月初旬にかけ、九州の沿岸を一周せり、歌四十四首

有明の海のにごりに鴨あまたうかべり、船は島原へ入る

冬雲のかげりに暗き島、岬、憂き島原へわが船は入る

船に乗り海を渡る、なんのたのしみぞ、船に乗り縁もなき海を渡る

眼に膜の張りたらむごとき心地して島原へ行く船にわが在り

何のために此処には来にけむ、何処に居るも心になんの変りあるべき

島原は海にうかべるかなしみか、宿屋のてすり、倚ればつめたき

島原の宿屋にこもり昼も出でず、ひとりしわれをはかなみて居り

『みなかみ』

島原城本丸巽櫓と天守


本丸巽櫓は北村西望記念館。

牧水ゆかりの地に戻る