牧水ゆかりの地

indexにもどる

暮坂高原「花楽の里」

 草津温泉から国道292号を下り、道の駅「六合」を過ぎて、県道55号中之条草津線に入る。


県道55号中之条草津線に暮坂高原「花楽の里」が出来た。


 奥の展示室に若山繁(牧水の本名)の尋常小學校卒業證書が展示されていた。

「枯野の旅」の詩碑の拓本


詩碑は暮坂峠にある。

 また、「若山牧水『みなかみ紀行』の旅」の地図や「若山牧水 略歴」なども書いてあった。

「若山牧水『みなかみ紀行』の旅」


暮坂高原「花楽の里」の屋外に牧水の歌が書いてある。


 九十九折(つづらおり)になったその急坂を小走りに走り降ると、坂の根にも同じ様な村があり、普通の百姓家と違わない小学校なども建っていた。対岸の村は生須村、学校のある方は小雨村と云うのであった。

九十九折けはしき坂を降り来れば橋ありてかゝる峡(かひ)の深みに

おもはぬに村ありて名のやさしかる小雨の里といふにぞありける

牧水ゆかりの地に戻る