芭蕉の句碑東 京


百歳のけしきを庭の落葉かな

都営大江戸線牛込柳町駅西口を出ると、瑞光寺という寺がある。


瑞光寺


日蓮宗の寺である。

本堂の前に芭蕉の句碑があった。


百歳のけしきを庭の落葉かな

元禄4年(1691年)9月28日、芭蕉は膳所義仲寺を後にして東下の旅に出る。

10月、彦根市平田の浄土宗光明遍照寺で詠まれた句。

李由(1662〜1705)は本名河野通賢。光明遍照寺第十四世住職。

元禄9年(1696年)12月、『韻塞』上巻自序。

芭蕉の句碑東 京〜に戻る