芭蕉の句碑岩 手


さゝれ蟹足這ひのほるしみすかな

一関市東山町長坂里前の砂鉄川に面して善龍寺という寺がある。


善龍寺の石段


石段を上がると右手に芭蕉の句碑があった。


さゝれ蟹足這ひのほるしみすかな

出典は『続虚栗』

『蕉翁句集』(土芳編)に「貞享四卯ノとし」とある。

文政11年(1828年)、建立。

 昭和49年(1974年)10月20日、げいび吟社の「句碑建立より146年報恩句会」句碑、平成20年(2008年)7月13日、げいび吟社の「句碑建立より180年報恩」吟行句碑があった。

龍澤山善龍寺


曹洞宗の寺である。

芭蕉の句碑岩 手〜に戻る