芭蕉の句碑高 知


うき我をさひしからせよ閑古鳥

香美市土佐山田町楠目に予岳寺という寺がある。


史跡 香美市指定文化財

万松山予岳寺

 禅曹洞宗、長禄元年(1457年)石見の国(島根県)の名僧雪心が楠目城主山田基道の帰依を受け、七堂伽藍十二坊を建立した。寺領百余石。土佐における曹洞宗の中心寺院として、長宗我部氏、山内氏の崇敬が厚かった。のち、十七世薫的、十八世秀峰によって、現在地に再興された。

 本尊は薬師如来。

香美市教育委員会

庭の植え込みに芭蕉の句碑があった。


うき我をさひしからせよ閑古鳥

出典は『嵯峨日記』

元禄4年(1691年)4月22日、芭蕉48歳の句。

文久元年(1861年)、建立。

芭蕉の句碑高 知〜に戻る