芭蕉の句碑青 森


山中や菊は手をらぬ温泉の匂ひ

黒石市温湯鶴泉に薬師寺という寺がある。


薬師寺に芭蕉の句碑があった。


山中や菊は手をらぬ温泉の匂ひ

出典は『奥の細道』。

 元禄2年(1689年)7月27日(陽暦9月10日)、芭蕉は山中温泉を訪れ、8月6日(陽暦9月19日)まで「和泉屋」に逗留。

寛政12年(1800年)、温湯の俳人後藤五嵐・友二建立。

芭蕉の句碑の右手に石黒宗石の句碑があった。


わが影を見つつ歩行ば鴫のたつ

文化6年(1809年)、弘前黄壁宗慈雲院に建立。

大正4年(1915年)に薬師寺に移したもの。

瑠璃山薬師寺


延宝7年(1679年)、藤崎の僧侶宗運開山。

津軽における黄檗宗最初の道場である。

樹齢500年の石割楓


芭蕉の句碑青 森〜に戻る