芭蕉の句碑長 野


初さくらをりしもけふハよき日なり

辰野町北大出に薬王寺という寺がある。


高野山真言宗の寺である。

推古天皇15年(607年)、桑沢山の中腹に創建。

建久3年(1192年)、源義朝再興。

延宝4年(1676年)、現在地に移転。

桑沢山薬王寺


明治24年(1891年)、建立。

本尊は木造薬師如来坐像。

本堂の手前左手に芭蕉の句碑があった。


   藥師寺初會

初さくらをりしもけふハよき日なり

出典は『蕉翁全伝』

 貞亨5年(1688年)春、『笈の小文』の旅の途中、伊賀上野の薬師寺月次初会で詠まれた句。

明治24年(1891年)、千鳥社弥光建立。

芭蕉の句碑長 野〜に戻る