芭蕉の句碑神奈川


目にかゝる時やことさら五月富士

 南足柄市矢倉沢の県道78号御殿場大井線は足柄峠を越える東海道の旧街道、矢倉沢往還である。


関場に矢倉沢関所跡(末光家)がある。


箱根登山バス東山停留所に芭蕉の句碑があった。


目にかゝる時やことさら五月富士

出典は『芭蕉翁行状記』(路通編)。

 元禄7年(1694年)5月11日、芭蕉は江戸を発って上方へ最後の旅する。

東山停留所にもうひとつ芭蕉の句碑があった。


ひらひらとあくる扇や雲の峰

出典は『笈日記』

元禄7年(1694年)6月、大津の能役者本間主馬の屋敷を訪問した時の句。

芭蕉の句碑神奈川〜に戻る