芭蕉の句碑福 島


ものいへは唇寒し秋の風

二本松市下長折字移川の高台に諏訪神社がある。


諏訪神社


社殿の裏に芭蕉の句碑があった。


ものいへは唇寒し秋の風

出典は『芭蕉庵小文庫』(史邦編)。

『蕉翁句集』(土芳編)は「元禄四未ノとし」とする。

左側面に「松齋希哲」とある。

松齋希哲は儒学者渡邊閑哉のこと。

 渡邊閑哉は下長折村(現二本松市下長折)の名主渡邊章の子。通称は儀右衛門。名は朴。字は希哲。二本松藩の儒学者渡邊竹窓に入門。松斎又は霞峯と号し、隠居して閑哉といった。

明治6年(1873年)8月19日、没。

小浜長折の三匹獅子舞は福島県指定重要無形民俗文化財。

芭蕉の句碑福 島に戻る