芭蕉の句碑茨 城


八九間空伝雨降柳可那

土浦市大手町に東光寺という寺がある。


医王山東光寺


曹洞宗の寺である。

東光寺十七世住職ミ道大如は俳人。

東光寺でたびたび句会が催されていたそうだ。

朱塗りの華麗な瑠璃光殿は俗に薬師堂と呼ばれている。

元文4年(1739年)落成。

土浦市指定文化財である。

薬師堂の右手に芭蕉の句碑があった。


八九間空伝雨降柳可那

元禄7年(1694年)春、芭蕉51歳。

『続猿蓑』巻頭の句である。

嘉永5年(1851年)11月12日、蕉翁百六十回忌で内田野帆建立。

内田野帆は通称喜平治。担堂とも号した。

安政2年(1855年)、75歳で没。

薬師堂の左手に内田野帆の句碑があった。


声に身を持せて揚る雲雀かな

安政2年(1855年)、建立。

芭蕉の句碑茨 城〜に戻る