芭蕉の句碑山 形


名月に麓の霧や田のくもり

上山市鶴脛町元城内に月岡神社がある。


月岡神社


上山城本丸跡である。

祭神は松平利長公・信一公。

社殿の右手に芭蕉の句碑があった。


芭蕉翁

名月に麓の霧や田のくもり

出典は『続猿蓑』(沾圃編)。

 元禄7年(1694年)8月15日、伊賀上野「無名庵」で月見の宴を催した時の句。

 無名庵は伊賀の門人達が上野赤坂の芭蕉の生家裏庭に築造したもの。

明治元年(1868年)、五十嵐松雨建立。

松雨は上山藩士。通称柔兵衛。晩年は于拙といった。

碑の裏に松雨の句が刻まれている。

月岡の夕河岸すゝし八日市

明治元年(1868年)11月10日、81歳で没。

芭蕉の句碑山 形に戻る