芭蕉の句碑山 形


当帰より哀は塚のすみれ草

鶴岡市羽黒町手向の宿坊街に烏崎稲荷神社がある。


烏崎稲荷神社


烏崎稲荷神社の参道右手に図司呂丸追悼碑があった。


消安し都の土に春の雪

呂丸辞世の句である。

右に支考洒堂、芭蕉の呂丸追悼句が書かれていた。

洒堂は近江膳所の医師。

寛政5年(1793年)2月、呂丸百回忌に建立。

図司呂丸追悼碑の上に詳しい説明が書いてあった。

図司呂丸追悼碑

   辞世

消安し都の土に春の雪
   呂丸

   追悼

死に来てそのき佐良支の花の陰
   野盤子

雁一羽いなてみや古の土の下
   酒落堂

当帰より哀は塚のすみれ草
   芭蕉庵

     寛政五癸丑年二月
 施主
 三峰


 翠古

 執筆
 竹甫

   呂丸近藤左吉略歴

 近藤左吉、俳号呂丸。羽黒町手向荒町に住み、図司姓も称した。左吉、染屋を本業となし、俳諧に志す。俳聖芭蕉翁の奥の細道に「六月三日、羽黒山に登る。図司左吉と云者を尋て、別当代会覚阿闍梨に謁す。南谷の別院に舎して、憐愍の情こまやかに、あるじせらる。」云々とあるは、遠く元禄2年の昔である。

 呂丸が芭蕉翁の俳論を書きとめた「聞書七日草」又呂丸傳書「うたまくら」は酒田市立光丘図書館に保存されている。呂丸は元禄5年芭蕉翁を慕い、俳諧修業の旅に出た。その時貰ったのが「三日月日記」である。ついで京洛に上り、元禄6年2月2日、病のため京都で客死された。芭蕉翁いたく呂丸の客死を惜みなげいて、その消息を長文の書簡に認め、鶴岡の俳人翁岸本八郎兵エ氏に送った。その書簡は、現在鶴岡市本町1丁目児玉光弘氏所蔵する。

 この追悼碑は寛政5年呂丸没後約100年を経て、当時の羽黒俳人等故人を偲び、建立されたものである。

 昭和44年5月
土岐多聞謹記

 当帰はセリ科の多年草。漢方薬として用いられる。「当ニ帰ルベシ」の意を含めているようだ。

昭和40年(1965年)、山口誓子は手向で呂丸の追悼句碑に案内された。

 手向を走っているとき、天野氏は羽黒館の近くで自動車を停め、その奥の烏崎稲荷に私を案内した。呂丸の追悼句碑がそこにあるからである。

 本殿の横にあるその句碑は、表に呂丸の辞世。暮れちかいせいもあってすこし読みにくい。

   消安し都の土ぞ春の雪

 芭蕉は呂丸を訪ねて羽黒山に来たのだ。呂丸は大いに務め、芭蕉を本坊の客とした。

 元禄六年、呂丸は京都で客死した。辞世の「都」は京都である。

碑の右に「追悼」として三句。

   死に来てそのき佐ら支の花の陰

   雁一羽いなでみやこの土の下

   当帰より哀は塚のすみれ草

 作者、右より支考、酒堂、芭蕉。

『句碑をたずねて』(奥の細道)

芭蕉の句碑山 形に戻る