芭蕉の句碑岩 手


雨をりをり思ふことなき早苗哉

遠野市東舘町に南部公園がある。

南部公園は鍋倉城跡である。

鍋倉城は遠野南部氏12,500石の居城。

南部公園に南部神社がある。


南部神社の鳥居


石段の右手に芭蕉の句碑があった。


雨をりをり思ふことなき早苗哉

出典は『木曾の谿』(岱水編)。

岱水亭影待に」と前書きがある。

岱水は江戸深川の芭蕉庵の近くに住み、芭蕉と親交の厚かった門人。

「影待」は「日待ち」に同じ。前夜から潔斎して翌朝の日の出を拝むこと。

『蕉翁句集』(土芳編)は「貞享四卯ノとし」とする。

 安政3年(1856年)、遠野の俳人佐々木蘆川と杉岡一二の主唱により遠野俳壇「雨おりおり会」によって遠野市松崎町の白幡神社境内に建立されたものだそうだ。

南部神社拝殿


祭神は遠野南部氏の祖南部実長公から八代政光までの八柱。

三の丸跡に展望台があるそうだが、折からの雪で展望はきかない。

芭蕉の句碑岩 手〜に戻る