芭蕉の句碑福 島


花に遊ふ虻なくらひそ友すゝめ

福島市松川町の水原川沿いに西光寺という寺がある。


西光寺山門


山門の裏に芭蕉の句碑があった。


   物皆自得

花に遊ふ虻なくらひそ友すゝめ

出典は『続の原』(不卜撰)。

貞亨4年(1687年)、芭蕉44歳の句。

西光寺本堂


真言宗豊山派の寺である。

水原川に架かるめがね橋


明治18年(1885年)、建立。

福島市松川町は奥州街道八丁目宿。

それヨリ又、右ノ渡ヲ跡ヘ越、舟着ノ岸ヨリ細道ヲつたひ、村之内ヘかゝり、福岡村ト云所ヨリ二本松ノ方ヘ本道ヘ出ル。二本松ヨリ八町ノめヘハ二リ余。黒塚ヘかゝりテハ三里余有べし。

『曽良随行日記』

 明和8年(1771年)6月8日、諸九尼は八丁目宿の菊隠子を訪ね、福島に泊まっている。

 八日 八町目菊隠子を音信る。福島に泊る。


芭蕉の句碑福 島に戻る