芭蕉の句碑岐 阜


其まゝよ月もたのまし伊吹山

大垣市竹島町の旧街道沿いに竹島会館がある。


竹島会館は美濃路大垣宿本陣跡。

大垣宿本陣跡

 本陣は、宿場のほぼ中央に位置し、大名や宮家・公家・幕府役人などの貴人が利用した休泊施設である。

 大垣宿本陣は、永禄の頃沼波玄古秀実が竹島町を開き、はじめて本陣を創立したと伝えられる。以後、本陣役は宝暦5年(1755年)には玉屋岡田藤兵衛が勤め、天保14年(1843年)には飯沼定九郎が問屋を兼ねて勤めた。

竹島会館前に芭蕉の句碑があった。


其まゝよ月もたのまし伊吹山

出典は『後の旅』(如行編)。

元禄2年(1689年) 8月21日、芭蕉は『奥の細道』の旅で大垣に到着。

大垣藩士高岡斜嶺亭で詠まれた句。斜嶺37歳の時である。

『笈日記』(支考編)には「其まゝに」とある。

JR東海道本線大垣駅の通路から窓越しに見た伊吹山



芭蕉の句碑岐 阜〜に戻る