芭蕉の句碑福 岡


うき我をさひしからせよ閑子鳥

福岡市東区馬出に称名寺という寺がある。


金波山称名寺


時宗の寺である。

「旧博多大仏の台座」の前に「はせを翁十七回忌塔」があった。


 宝永7年(1710年)10月11日、野坡は筑前博多で芭蕉の十七回忌追善歌仙興行。

   祖翁十七回忌筑前國にて

口きりや峰のしぐれに谷の水


宝永7年(1710年)10月12日、芭蕉の十七回忌に建立。

宝暦11年(1761年)5月12日に再建されたものと思われる。

「はせを翁十七回忌塔」の右手に芭蕉の句碑があった。


うき我をさひしからせよ閑子鳥

出典は『嵯峨日記』

元禄4年(1691年)4月22日、芭蕉48歳の句。

天保14年(1843年)、芭蕉百五十回忌に建立。五段麻斗丈書。

大正12年(1923年)6月、河野静雲は養父智眼師の急病で帰福。称名寺に寄寓。

河野静雲の句碑があった。


己が打ってきく
      喚鐘や
  松の花

大正13年(1924年)の句。『閻魔』に収録。

昭和38年(1963年)4月29日、向日葵會建立。

芭蕉の句碑福 岡〜に戻る