芭蕉の句碑栃 木


道端の木槿は馬に喰れけり

那須烏山市興野の県道27号那須黒羽茂木線沿いに正光寺という寺がある。


正光寺山門


山門を入ると、左手に芭蕉の句碑があった。


道端の木槿は馬に喰れけり

出典は俳諧一葉集』

貞享元年(1684年)秋、大井川を越えて詠まれた句。

『野ざらし紀行』には「道のべの」とある。

正光寺本堂


曹洞宗の寺である。

本尊は延命地蔵尊菩薩。

仏師法橋定朝の作と伝えられる。

那須烏山市指定文化財である。

芭蕉の句碑栃 木〜に戻る