芭蕉の句碑群 馬


山里は万歳おそし梅の花

榛名湖から天神峠を越え、県道33号渋川松井田線を下る。


榛名神社を過ぎると、黒門橋がある。

黒門橋を下ると、崖に芭蕉の句碑があった。


山里は万歳おそし梅の花

元禄4年(1691年)春、故郷の伊賀で詠まれた句。

寛政4年(1792年)、一宮如寉建立。平花庵雨什筆。

芭蕉句碑の右隣に連句碑があった。


山陰や夕日にぬるゝ秋の霜
   雨什
きはむ木立のひまに薄月
   如寉
つえしらへ大宮人のめてつ風
   烏明

寛政10年(1798年)、一宮如寉建立。平花庵雨什筆。

一宮如寉は別号桃林。榛名神社の社家般若坊の主人であった。

寛政11年(1799年)、没。

さて寒し斯なき国へむかへ給へ

如寉の句

手すさみに作りしさゝけ長きかな


芭蕉の句碑群 馬に戻る