芭蕉の句碑茨 城


八九間空で雨ふる柳かな

結城市結城に釈迦堂がある。


釈迦堂


釈迦堂入口に「増田遷晁の文人碑」がある。



八九間空で雨ふる柳かな

元禄7年(1694年)春、芭蕉51歳の句。

『続猿蓑』巻頭の句である。

明治8年(1875年)、檀家の増田僊晁建立。

 境内入り口の碑は、増田遷晁が建立したもので、表に芭蕉の句「八九間 空で雨ふる 柳かな」、裏には、遷晁が師と仰ぐ人物が、一堂に会し交遊するという、彼の夢が描かれています。

 彼は、谷文晁の流れを汲み、各地を歴訪、日本画を学び、明治20年、65歳で永眠しました。

碑の裏に江戸時代の文人達が線刻され、漢詩や和歌・俳句が刻まれている。

 上段に大石良雄、其角、嵐雪、芭蕉、徂來、中段に文晁、応挙、頼山陽、大雅、蕪村、蜀山人、下段に僊晁他7人ということだ。

万山重カラズ、君命重シ。
   大石良雄烈士
三日月の頃より待し今宵哉
   其角
古池や蛙飛こむ水の音
   芭蕉翁
蒲団着て寝たる姿や東山
   嵐雪

兀々陶々六十ノ春
官無ク禄無ク自由ノ身
悠然トシテ酒ヲ飲ミ悠然ト酔フ
真ニ是レ太平無事ノ人ナリ
   鵬斎老叟
長き日を書画に遊びて十二月
   東山蕪村大人
鼠どの殿上人の真似をして
滴れかかる四位の少相
   蜀山人

ふと出し雲に物いふ月見かな
   鴬林堂遷晁
いざきけや柳ばかりに風の吹く
   玉操女

「玉操女」は遷晁夫人。俗名はな。

半ば剥落していてよく分からない。

 『諸国翁墳記』に「下總國結城郡結城町建立 連中 八九間空て雨ふる柳哉」とある。この句碑は消滅したようである。

慶福山結城院満福寺釈迦堂


 10世紀に創建され、15世紀の永享年間に久保田村字慶福に中興、間もなく結城城内の西館に移り、慶長年間に今の地に移されたと伝わります。

真言宗豊山派の寺である。

芭蕉の句碑茨 城〜に戻る