芭蕉の句碑兵 庫


雲折々人をやすむる月見哉

洲本市本町に厳島神社がある。

参道の左手に芭蕉の句碑があった。


雲折々人をやすむる月見哉

出典は『春の日』(荷兮編)。

貞享2年(1685年)に詠まれた句。

天保14年(1843年)10月12日、芭蕉百五十年忌に富艸建立。

境内右手に鈴木重胤の歌碑があった。


まつ杉はまだほの暗き木の間より曙いそぐ山桜かな

 文化9年(1812年)、鈴木重胤は淡路島北淡町仁井村の庄屋に生まれる。平田篤胤に私淑し、篤胤死後の門人となった。

昭和9年(1934年)春、大内理太郎建立。

厳島神社


祭神は市杵島姫命。

芭蕉の句碑兵 庫〜に戻る