芭蕉の句碑山 形


雲の峰幾つ崩れて月の山

西川町吉川の寒河江川沿いに獅子ケ口諏訪神社がある。


獅子ケ口諏訪神社


 山形自動車道が獅子ケ口諏訪神社本宮6メートルうしろ西側を通過するため移転した。

左手に旧社殿が移転保存されている。

獅子ケ口諏訪神社本宮趾に芭蕉の句碑があった。


雲の峰幾つ崩れて月の山

出典は『奥の細道』。

 元禄2年(1689年)6月6日(陽暦7月22日)、芭蕉は月山頂上まで登り、山小屋に一夜を明かして、7日には湯殿山神社に詣でた。

田川鳳郎の句碑もあった。


啼トいふ話のミ聞く田螺哉

『鳳朗發句集』(惺庵西馬編)に収録されている句である。

 「翌日つこふ水も汲けりほととぎす 稲州」、「五月雨や茶の火おこせばいぶり炭 風外」の句も刻まれているというが、分からなかった。

 文政7年(1824年)、稲州は獅子ケ口諏訪神社に句を奉納。

雉子鳴や樹々の眠りのさめる時

未申酉戌亥『我庵集』

芭蕉の句碑山 形に戻る