芭蕉の句碑長 野


御命講や阿ふらのやう奈酒五升

 富士見町下蔦木の旧甲州街道入口の坂を上ると、街道沿いに真福寺という寺がある。


鐘楼門


鐘楼門を入ると、左手に芭蕉の句碑があった。


御命講や阿ふらのやう奈酒五升

出典は『芭蕉庵小文庫』

元禄5年(1692年)、芭蕉49歳の時の句。

 日蓮消息文「新麦一斗、筍(たけのこ)三本、油のやうな酒五升、南無妙法蓮華経と回向いたし候」による。

小池蘿城建立。

清浄山真福寺


日蓮宗の寺である。

本堂の左手に「はせを」の句碑があった。


露おちて松の葉かるきあしたかな

出典は不詳

明治26年(1893年)10月12日、芭蕉の二百回忌に小池蘿城建立。

芭蕉の句碑長 野〜に戻る