芭蕉の句碑長 野


名月や湖水に浮ふ七小町

諏訪市下金子に八幡社がある。


下金子八幡社


祭神は誉田別尊。

 天正12年(1584年)、藩主諏訪頼忠が金子城築城の際、艮(北東)の方角に鬼門除け守護神として勧請した鎮守である。

社殿の右手奥に芭蕉の句碑があった。


花本大御神

名月や湖水に浮ふ七小町

出典は『和漢文操』(蓮二房編)。

「月見ノ賦」は「芭蕉翁」とあるが、支考の作と見なされている。

元禄4年(1691年)8月15日の月見である。

「七小町」は小野小町伝説に取材した7つの謡曲。

『初蝉』(風国編)には「名月や海に向かへば七小町」とある。

元禄3年(1690年)、芭蕉47歳の句である。

明治19年(1886年)、建立。岩波其殘書。

 文化12年(1815年)5月12日、其残は文出村の山田家に生まれる。幼名は鉄三。

 天保元年(1830年)、高島藩士の久保島若人に師事。

 安政3年(1856年)、母の実家の岩波家を継ぐ。

明治27年(1894年)4月5日、80歳で没。

文学の道公園に句碑がる。

芭蕉の句碑長 野〜に戻る