芭蕉の句碑栃 木


つく鐘もひゝくやう也せみの聲

佐野市富士町に泉應院という寺がある。


泉應院


泉應院鐘楼


享保8年(1723年)、銅鐘鋳造。

佐野市指定重要文化財である。

泉應院本堂


曹洞宗の寺である。

本堂右手にある庫裏の前に芭蕉の句碑があった。


つく鐘もひゝくやう也せみの聲

出典は『笈日記』

貞亨5年(1688年)夏、岐阜の稲葉山城跡で詠まれた句。

安政3年(1856年)10月、野辺亭建立。

 『諸国翁墳記』に「□□□ 同國同郡冨士村東雲山泉應院 建主 □遊・同 □松」とある。

芭蕉の句碑栃 木〜に戻る